FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ikujitanoshimu.blog57.fc2.com/tb.php/28-d8517c0d

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

育児相談-母乳育児日記 育児休業・育児休暇の取り方等の育児ブログサイトトップ >育児相談 >>育児か仕事か、「妊娠降板」で再び論議

育児か仕事か、「妊娠降板」で再び論議

仕事か育児か、今も悩む米キャリアウーマン 女性キャスターの「妊娠降板」で再び論議
育児は女性がやるべきこと?女性はキャリアを重視すべきか、それとも育児を重視して家庭にとどまるべきか──。
昔から議論されているこの問題が少し前、米国社会で盛んに取り上げられている。
伝統的なフェミニズム(女権拡張論)運動の歴史を持つ米国だが、最近、米ABCテレビのメーンキャスターが出産のため、花形職場から離脱したことで、女性の社会的地位をめぐる問題に火がついた格好だ。 
かつて女性が学歴を身につけ、社会でキャリアウーマンとして出世の階段を上っていくことが、盛んに美徳と思われていた。その背景に育児に勤しむ女性の姿が・・・。
米紙プレス・エンタープライズなどによると、最近は、こうして傾向にも変化が出ているという。 
 
育児問題に関しての著作がある作家ダニエル・クリッテンデンさんは、14年前に最初の子どもを生んだ。当時は、女性の社会進出が奨励され、育児のために家庭にとどまるような女性は、あまり歓迎されない風潮があった。 
このため公園などに行くと、遊んでいる子どもの面倒を見ているのは、共働きなどの親に雇われたナニー(子守り)ばかりという光景によく出くわしたという。

日本も生活は欧米化してきていますよね。いずれは育児をするパパが増え、育児相談にはパパが並び、育児休業を取るパパが増えるかもしれませんね。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ikujitanoshimu.blog57.fc2.com/tb.php/28-d8517c0d

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。