FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ikujitanoshimu.blog57.fc2.com/tb.php/30-22f3ae44

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

母乳 おっぱいのお手入れの仕方

よく育児相談で「妊娠中に乳管開通操作をしておかなかったために、母乳が出なくなったりしないか」というママさんの不安の声を聞きます。しかしことはありません。また母乳を出す前から“小さいまま”“張りが少ない”からといって、心配することもありません。
母乳にはプロラクチンというホルモンが分泌されるようになると、沸き出してくるものです。このプロラクチンというホルモンは妊娠している人の体内にあるものですが、“お産”という引き金で働く仕組みになっています。なので出産が終わるとおっぱいの大小に関わらず、誰でも母乳汁は出るようになります。

乳房の働きは体調、とくに胃腸の働きと深い関係があります。陥没型、大きい乳首、小さい乳首など、乳頭の形に不安を抱えている人は、まずおなかを温めるように心がけたり、産後1ヵ月の食事に注意してみてください。多少変化があるようです。
また、乳首の色の濃さや乳輪の大きさは母乳育児に特に関係がないのであまり心配する必要はありません。

「出産後に受けた母乳マッサージがすごく痛い」、「母乳マッサージはもう受けたくない」という話を聞きます。
乳房という性器を、痛くなるほどマッサージするという医療?は疑問です。痛い乳房マッサージを進める医師に出会ったら、断ってもかまわないと思います。
最初はママと赤ちゃんのスキンシップが大事です。
困ったこと、わからないことは先輩のお母さん、地域の育児コミュニティーなどで育児相談をしてみましょう。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ikujitanoshimu.blog57.fc2.com/tb.php/30-22f3ae44

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。